2012年11月11日日曜日

全日空、上期の国際線旅客は16.6%増、9月の伸びは鈍化


 全日空(NH)の2012年度上期(2012年4月1日~9月30日)の輸送実績で、国際線旅客数は前年比17.5%増の331万1813人となった。座席供給量を表す有効座席キロ(ASK)を9.3%増としたのに対し、旅客輸送量を表す有償旅客キロ(RPK)はASKの伸び率を上回る17.5%増と大幅に増加。利用率は5.4ポイント増の77.6%となった。
 方面別では北米、ヨーロッパ、アジアのいずれも2ケタ増の伸び。特にヨーロッパはASKを18%増と大幅に増やしたが、RPKは20.6%増と上回り、好調に推移した。

中近東、11月15日、イスラム暦「新年」に伴う影響


 2012年11月15日(木)、イスラム諸国では「イスラム暦新年」(Al Hijra)を祝います。
 このため、前日11月14日(水)、中東湾岸諸国(UAE、サウジアラビア、バーレーン、カタール、クウェート、オマーン)、及びエジプトではアルコール類の提供が禁止されるほか、ベリーダンス等のショーも中止となります。
 またドバイでのデザートサファリツアーやディナークルーズは、アルコール類の提供(及びベリーダンスショー)無しで催行される予定です。

デルタ航空、燃油サーチャージを引き上げ


 デルタ航空(DL)は12月1日発券分から日本発着の燃油サーチャージを値上げする。11月5日付で国土交通省の認可を得た。日本/北米間は現行より5000円高い2万6000円に、日本/ハワイ間は1万6500円とする。各路線の設定額は下記の通り。

▽DL日本発着分の燃油サーチャージ
(路線:12月1日以降発券分/11月30日発券分まで
日本/北米:2万6000円/2万1000円
日本/ハワイ:1万6500円/1万3500円
日本/タイ・シンガポール:1万3000円/1万500円
日本/ミクロネシア(グアム・サイパン・パラオ・フィリピン):8000円/6500円
日本/中国・台湾・香港:6500円/5500円
日本/韓国:2500円/2000円

ユナイテッド航空、ハリケーン被災者救援活動に寄付、ボーナスマイル提供


 ユナイテッド航空(UA)は、大型ハリケーン「サンディ」による被害を受けた米国東部地域の被災者を救援する支援団体への協力を開始した。米国赤十字社、アメリケア、フィーディング・アメリカの諸活動に対するもので、この取り組みはUAの慈善活動を担当するUA基金を通じて実施。UAの社員と顧客から寄せられた義援金に加え、義援金と同額をUA基金が拠出するマッチング寄付により寄付をおこなう。10月30日から開始したが、義援金がUA基金の拠出上限額の5万米ドルに達したため、10万米ドルへ増額した。
 UAでは、UAのマイレージプログラム「マイレージプラス」の会員が支援団体へ寄付をした場合、ボーナスマイルを提供している。50米ドル以上を寄付した場合には250ボーナスマイルを、100米ドル以上を寄付した場合には500ボーナスマイルを提供する。UAはこのプログラムで、最大500万マイルを提供する準備をしている。

エアアジア・ジャパン、成田/釜山線の就航記念セール-片道3900円で


 エアアジア・ジャパン(JW)は11月6日から27日23時59分まで、成田/釜山線を片道3990円で販売する「釜山就航カウントダウンセール」を実施している。JWが11月28日に成田/釜山線を開設し、週7便で運航することを記念したもの。販売座席数は3000席を用意した。搭乗期間は11月28日から2013年1月31日まで。販売はJWの公式ウェブサイトで実施する。
 なお、同路線の通常運賃は7240円から2万5240円となっている。

燃油サーチャージ値上げ:SU、XF、CX、KA、UA


  アエロフロート・ロシア航空(SU)、ウラジオストク航空(XF)、キャセイパシフィック航空(CX)、香港ドラゴン航空(KA)、ユナイテッド航空(UA)は、2012年12月1日から2013年1月31日発券分の航空券について、燃油サーチャージの改定を発表した。
  SUは成田/モスクワ、サンクトペテルブルク線は片道1万9000円から2万2500円、成田/ヨーロッパ線は片道2万円から2万3500円に値上げ。子会社のXFが運航する成田/ハバロフスク、ウラジオストク、ユジノサハリンスク線は3400円から4400円に値上げした。 CXとKAは、日本/香港線と台北線を現行の片道5500円から6500円に改定。香港以遠の路線は南西太平洋、北アメリカ、ヨーロッパ、中東、アフリカ、南アジア亜大陸方面の長距離路線で現行の1万円から1万2000円に値上げする。東南アジア・中国本土方面や、韓国出発の旅程、バンクーバー/ニューヨーク間を含むそのほかの路線では、現行の2200円から2600円に変更する。
 なお、24時間以内の乗り継ぎであれば、バンコクまたはシンガポール経由の香港/南アジア亜大陸間でも、香港/南アジア亜大陸間の燃油サーチャージ額を適用。他社運航のコードシェア便は、フランス国有鉄道(SNCF)とのコードシェア便、およびダンマン/バーレーン間のCXのフライト番号がついた陸上交通以外は、同様のサーチャージを適用する。
 UAでは、例えば日本/米国本土、中南米間で、現行の片道2万1000円から2万6000円に値上げ。日本/ホノルル間は1万3500円から1万6500円に設定した。このほか詳細は下記の通り。

▽UA、燃油サーチャージ(2012年12月1日~発券分、片道)
(路線:変更後/変更前)
日本/米国本土:2万6000円/2万1000円
日本/中南米:2万6000円/2万1000円
日本/ホノルル:1万6500円/1万3500円
日本/シンガポール、バンコク:1万3000円/1万500円
日本/グアム、サイパン、ロタ、パラオ:8000円/6500円
日本/その他ミクロネシア、マニラ:1万2000円/9800円
日本/ケアンズ:1万4000円/1万3000円
日本/香港:6500円/5500円
日本/ソウル:2500円/2000円