2017年8月9日水曜日

日系2社、お盆の国際線予約は4%増-山の日効果も

 全日空(NH)と日本航空(JL)が8月3日に発表した、2017年のお盆期間(8月10日~20日)の国際線の予約状況で、2社の予約人数の合計は前年比3.9%増の61万3533人となった。座席数は3.0%増の71万3109席、予約率は0.7ポイント増の86.0%。2社によれば、今年は8月11日の「山の日」が金曜日にあり、3連休が発生するなど日並びが良いことなどから、国際線・国内線ともに旅行需要が好調に推移しているという。
 企業別では、NHの座席数は7.2%増の39万874席、予約人数は7.4%増の32万6413人となり、予約率は0.1ポイント増の83.5%増。JLは座席数が1.7%減の32万2235席、予約人数は0.1%増の28万7120人となり、予約率は1.6ポイント増の89.1%だった。
 方面別では、NHは日本発便では北米、欧州、アジア方面を中心にレジャー需要が好調。訪日需要は中国やその他のアジア発が好調という。予約数は、座席数を7.8%減とした「リゾート」(成田・羽田/ホノルル線)が9.8%減の1万3968人と減少した以外は前年を上回った。座席数を16.6%増とした「アジア・オセアニア」は17.4%増の13万6401人となり、予約数・伸び率ともにトップに。「欧州」は3.4%増の2万8482人だった。予約率は「リゾート」が2.1ポイント減の94.8%と最も高く、伸び率は中国が4.5ポイント増の87.3%で最も大きかった。