2018年11月26日月曜日

台湾 台北 / 「桃園メトロ」自動チェックイン対応可能な航空会社について

 台北駅と桃園国際空港を結ぶMRTの「桃園空港線」では、昨年2018年3月より台北駅(台北車站: A1)での自動チェックインサービスを提供しておりますが、この度2018年11月13日より対応可能な航空会社が追加となりました。
今回、新たに追加となった航空会社はいずれもスタッフは駐在せず、自動チェックインサービスのみ利用可能です。自動チェックインができるのは出発の3時間前までとなり、預入れ可能な手荷物は形状が変わらない一般のスーツケースのみとなります。
 是非ご利用ください。
  ■ 自動チェックインに対応可能な航空会社
* チャイナエアライン(CI)
* エバー航空(BR)
* マンダリン航空(AE)
* ユニー航空(B7)
* キャセイパシフィック航空(CX)  ★ 11月13日より新たに対応可
* キャセイドラゴン航空(KA)  ★ 11月13日より新たに対応可
* エアアジア・グループ  ★ 11月13日より新たに対応可
・エアアジアX(D7)
・エアアジア マレーシア(AK)
・エアアジア フィリピン(Z2)
・エアアジア タイ(FD)

出国者数、10月は今年初の2桁増、累計1565万人

 日本政府観光局(JNTO)によると、2018年10月の日本人出国者数(推計値)は前年比12.8%増の164万6200人となった。今年に入ってからは1月と4月がともに9.9%増を記録しているが、2桁増は初めて。増加は3月以来8ヶ月連続となる。11月21日に定例記者会見を開催した観光庁長官の田端浩氏によれば、昨年は10月にあった韓国の旧盆休暇や台湾の中秋節休暇が今年は9月に移動したため、日本市場に航空座席が多く供給された可能性などが考えられるという。
 1月からの累計は5.2%増の1565万1100人。なお、通年の出国者数の過去最高記録である12年の1849万638人を超えるためには、残りの2ヶ月で283万9538人、1ヶ月あたり141万9769人が必要となる。昨年は11月が154万6985人、12月が146万9039人。

10月の訪日外客数は1.8%増の264万人、再びプラスに

 日本政府観光局(JNTO)によると、2018年10月の訪日外客数は前年比1.8%増の264万600人となった。前月は台風21号による関空の閉鎖、北海道地震による新千歳の閉鎖などがあり、5年8ヶ月ぶりに前年を下回ったものの、再び増加に転じた。
 韓国・台湾・香港は、昨年は10月上旬にあった休暇が今年は9月下旬に移動したことで減少したが、中国は7.8%増の71万5300人で10月の過去最高を記録。欧米豪の9市場はいずれも増加した。主要20市場のうち16市場が10月の最高記録を更新。1月からの累計ではベトナム、イタリア、ロシア、スペインの4市場が昨年の年計を超え、過去最高を更新した。

ガルーダ、中部/ジャカルタ線開設へ、3月23日から週4便

 ガルーダ・インドネシア航空(GA)は11月20日、来年の3月23日から週4便で中部/ジャカルタ線を運航すると発表した。同区間における直行便の開設は初めて。機材は3月30日まではビジネスクラス36席・エコノミークラス186席のA330-200型機を使用し、31日以降はビジネス36席・エコノミー215席のA330-300型機を使用する。政府認可取得が条件。

BA、20年ぶりの関空/ロンドン線に

 ブリティッシュ・エアウェイズ(BA)は2019年3月31日から、関空/ロンドン線を週4便で運航する。BAは1998年10月まで同路線を運航しており、約20年ぶりの運航再開となる。日本・韓国・タイ地区支社長のモラン・バージャー氏は本誌のインタビューに対し、「関西マーケットの欧州へのポテンシャルは高い。需要は十分にある」と自信を示した。